太神楽は約四百年の歴史を持つ、獅子舞と曲芸(傘回しなど)を中心とした大衆芸能です。江戸時代、伊勢神宮へお詣りすることが大衆の信仰と行楽をかねた夢でした。そこで、お詣りに行けない人の為に、伊勢神宮や熱田神宮の神官が各地へ出張して、獅子舞で家々をお祓いし、曲芸で楽しんで頂くという風習が生まれました。その後、寄席の出現に伴い獅子舞の余興であった曲芸は、寄席芸能へと発展していきました。

太神楽は予備知識が無くても、お年寄りからお子様まで誰でも楽しめる伝統芸能です。海外からのお客様向けパーティー、結婚披露宴や各種パーティーなどのおめでたい席や学校の芸術鑑賞会、百貨店・ショッピングセンターなどのイベントに、ぜひお声がけください。